季節感のあるお葬式の料理

お葬式はいつの季節でもあることです。お葬式の料理はその季節に合わせて作るのが経済的ですし、季節感を出すことで彩りも出てきます。お葬式が春だった場合、料理の食材は多くなります。つくしやワラビなど山菜も取れる季節で、菜の花や木の芽も新芽がでていますしレンゲの花なども飾りつけることで彩りが綺麗になります。

夏も緑野菜や根菜類、果物も多く出てます。青や白の爽やかさを感じるような器にスイカ、ウリやなすびなど水分を多く含むものを使った料理を出せば、暑い中での会葬も涼やかで息をつけるものになるでしょう。

秋のお葬式では栗、柿、梨などの果物が豊富に出てくる時期ですので、色とりどりのきれいなものを使うことで寒さを感じはじめる時期に温かみが加わるでしょう。今はたいていの野菜が一年中何時でも売られており何時でも食べれる為、季節感を出しづらくなってきてます。野菜で季節感を出すには限られたものしか使えなくなってきてます。

冬は暖房が効いている部屋の中でのお葬式をするケースが多く、やはり見た目にも暖かくあまり地味な色合いにならないような材料で料理を作るのがいいでしょう。外の寒さを感じさせないような見た目にも温かげな料理は人を和ませるのではないでしょうか。