お葬式での料理の調理法

料理の仕方は、普段でも色々な方法がありますがお葬式の料理でもそれは同じです。これといって決まりがあるような調理法はないようです。お葬式ですのであまり見栄えのしない地味な感じにすることはなく、かといって派手に見える調理法はそぐわない感じもするので難しさがあります。

例えば天ぷらなどは、揚げ物ですが衣を2重に付けたりパン粉をつけることによって大きく豪華に見えたりします。結婚式のような祝いの席では見栄えが良くてそれでもいいのでしょうが、突然のお葬式で最初に出すお通夜の通夜ぶるまいのように取り敢えず料理を準備しなければという場ではあまりふさわしい感じがしません。作り置きような印象を与えてしまい、料理に箸を伸ばさない方がいるかもしれません。

お葬式でも通夜ぶるまいの時は簡単な巻き寿司とか握り寿司などが手を伸ばしやすく食べやすいものがいいです。夜に行われることも多いお通夜では食事を終わらせてからくる方も多いと思います。そのため分量も控えめにして、人が多くなればすぐ準備できるものがいいようです。準備する側も手間がかからず最初からたくさんそろえずに済みますし料理の余りも出にくいです。

お葬式後は時間の余裕もありますからいろんな調理法のものを組み合わせて出されると良いのではないでしょうか。