お葬式の料理に使う食材

さまざまな食材を使ってお葬式の料理をします。野菜、果物などいろんな種類を使った方が見た目にも綺麗なことはもちろんですが、今頃のお葬式料理ではあまり使われなかったお肉や魚なども使われるようになっています。

お葬式の場ですので、肉や魚など殺生をしたものを出すのは控えるというのが昔はあったようです。しかし今はあまりそういうことも無くなってきた傾向となっています。お祝いによく使うイセエビや鯛などは地域差もあるようですが、忌みではあまり使われなかったこともありました。今は高級な素材の魚や肉も手に入りやすくなっているので、よく使われるようになっています。

料理は精進料理などがよくお葬式で出されることも多いので野菜や野菜を加工した食材も良く使われます。豆腐、こんにゃく、切り干し大根など昔からよくある食材で手に入りやすいものです。

お葬式も時代の流れで変わってくるものですから、それに伴う料理の食材が変わっても何も不思議ではありません。調理の仕方でも使う食材が変わってきますので、もし作るのであれば手間のかかり方や来られる人の数なども考えて食材を選ぶことが大事です。今はどんなものでも簡単に手に入るので、選びやすく作り手の選択肢が多くあって便利です。