お葬式の料理の理想

お葬式という儀式は、決して明るく楽しいものではないと考える人も少なくありません。親しい人を送る大事な思い出の儀式でもあります。お葬式という特別な集まりであっても、その席で出される料理は人を温かく慰め、悲しさをやわらげてくれることもあるでしょう。故人を偲びながら残された人々と共にとる、一度きりの食事ですので、人に対して大事な役割をするのでしょう。そういった大事な料理ですから準備は余念なくしたい人も多くいます。

料理は食材を揃えることからはじまり、手間もかかります。人の5感の全てに訴えかけてくるものですので温かさとか、程よい彩り、美味しそうに見える器や盛り付け、食感、匂いなども良い感じを与えるものを準備するよう心掛けます。

また季節感、故人の好きだった料理などを出すと故人との思い出話などに花が咲くこともあるでしょう。料理というのは思い出の中にもたくさん出てくるものでもあります。お葬式ということで特別に料理を考えたりすることもないかもしれません。

お葬式の理想として悲しい寂しい中にも、食事しながら故人との楽しかった思い出を語らい合い、故人と共に過ごした時間を会葬者で和やかに笑顔で話せる場であればという方もいます。その時に出されるお葬式の料理はいろんな面で手を抜きたくないものです。